美肌菌コスメの実力・評価は~あなたは使うべきか?

薄化粧をしたいけど、毛穴、ニキビ、ザラザラ、赤みが隠せない……

そんな素肌美人をディオールの新しいコスメが実現させたのを知っていますか?

でも高級なディオールのコスメでなくても、もっと安く、簡単に薄化粧を実現する方法があります。

なんだかんだで男性は厚化粧が苦手。特に好きな人ほど薄化粧だと惚れやすい!その秘訣が美肌菌「肌フローラ」です。

美肌菌「肌フローラ」って何?

肌には見に見えない菌がたくさん付着している。菌と言えば腸内細菌が有名だが、肌は腸に続いて菌が多い。
便秘知らず、下痢知らずの健康な腸内は様々な菌がたくさん、かつ綺麗に並んでいる。この様子を顕微鏡で見るとお花畑のように見えることから、腸内フローラ(フローラは植物群という意味)と呼んでいる。
これまでは腸内細菌が注目されていたが、肌表面の肌フローラも美肌に不可欠と新たに注目されている。
ちなみに肌フローラという単語は、ネオナチュアルというオーガニックコスメブランドの登録商標となっている。

美肌菌が肌にどう関係あるの?

腸内細菌と同じく、肌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類がある。
善玉菌は皮脂を餌にしてグリセリンや脂肪酸を作る。これらと汗、皮脂などが混ざり天然のクリームを作る。特に保湿も何もしなくても肌がきれいな人は、善玉菌がたくさん活躍している証拠。
善玉菌が多い優れた肌フローラ環境では、悪玉菌が悪さをしなくなる。むしろ、外から入ってくるもっと悪い菌を退治してくれる。言わば必要悪、昔の義理人情のヤクザみたいな存在となる。
逆に悪玉菌ばかりになると肌は荒れる。悪玉菌が肌を刺激する物質を生み肌が炎症するから。
善玉菌、つまり美肌菌を増やすことで、肌荒れが起きずに肌状態が安定する。また過剰な保湿やスキンケアも必要なくなるメリットがある。言わば子供の頃の肌に近づけるわけ

善玉菌と悪玉菌の種類と意外な肌フローラ関係

善玉菌の代表は表皮ブドウ球菌
悪玉菌は刺激物質を生むため肌荒れを引き起こす。代表は黄色ブドウ球菌。食中毒でもおなじみ。マラセチア菌はしつこい大人ニキビ、顔以外の背中ニキビなどに見られる
日和見菌はどっちつかずの優柔不断タイプ。善玉菌が優勢なら善玉菌として活動し、悪玉菌が優勢なら悪玉菌として活動するある意味オールマイティーで、人間なら嫌われるタイプ。
代表はアクネ菌
美肌菌=善玉菌と思いがちだが、実際は日和見菌をどう見方につけるかが重要
日和見菌が全体を占める割合は多く、日和見菌を見方にした軍勢が有利となるから
善玉菌を優勢にして日和見菌を見方につける。これによって美肌菌が増える

美肌菌が増え肌フローラが整うとどんな美容効果があるの?

肌表面は弱酸性。弱酸性は悪玉菌が住みづらく、一番刺激が少なくなるいい状態。弱酸性のシャンプーや洗顔料が肌に優しい、アトピー肌にも使えるのはこれが理由の一つ
肌刺激が減るということは炎症が起きなくなる。肌細胞が炎症すると肌細胞が壊れる。年齢を重ねるとこの再生がうまくいかなくなり、ハリのある肌細胞が減ってしまう。だからシワや毛穴が目立ってくる。
炎症がなくなるとターンオーバー(表皮細胞の生まれ変わり)が順調に進む。古い肌から新しくピチピチした状態に保たれる。ターンオーバーは齢をとるたびに悪化するので、美肌菌が整っているかどうかで年齢肌に大きな差が出る
高級な化粧品を使ってもダメ。様々な美容方法を試してもダメ。皮むけやザラザラ肌、大人ニキビにくすみといった肌トラブルなら、美肌菌が多い肌フローラ環境を作るだけで解決する可能性がかなりある

アクネ菌は悪玉菌?ニキビを作らない秘密の肌フローラ

アクネ菌はニキビの元となるため悪玉菌っぽいが、実は日和見菌。なので善玉菌としても活動する
アクネ菌は常に肌に住んでいる肌常在菌。でも嫌気性が特徴。空気に触れないところが好きで、その環境だと一気に繁殖する。
ニキビができるのは、アクネ菌が毛穴に閉じ込められるから。あまりにアクネ菌が増えすぎると、本来はプラスとなる遊離脂肪酸の生産が逆効果となる。
毛穴の中で遊離脂肪酸が増えすぎると酸化して炎症を起こす。これがニキビの原因。
でもアクネ菌を殺菌してはいけない
アクネ菌を殺菌しようとすると善玉菌も殺してしまう。菌はしばらくすると量が復活するが、この場合にいち早く復活するのが悪玉菌。そのため殺菌を繰り返すと肌フローラは荒れた状態になり、ニキビも悪玉菌に味方して余計に肌荒れ、ニキビがひどくなる
ニキビができてもアクネ菌は殺菌せず、炎症を鎮めるだけのケアにしないといけない

美肌菌を増やす方法は?

美肌菌を増やし肌フローラを整えるには2つのアプローチ方法がある
その1
菌をリセットしない
殺菌消毒しても菌はじわじわと元に戻ってくる。肌の美肌菌も同じで、エタノールなどで殺菌消毒してもそのうち元の菌量に戻る。
ただし、状況によっては善玉悪玉の菌バランスが崩れる。
善玉菌が多い肌フローラでも、完全に殺菌消毒すると、菌が復活した際には悪玉のバランスが増える。悪玉は悪玉らしくタフで、悪い環境のほうがむしろ元気になるから。
この状況を作っていまいがちなのが洗顔とクレンジング。
メイクや汗、ホコリ汚れを肌に残しては老化するとよく言われるが、大半の場合は洗いすぎている。そのため、毎晩の洗顔・クレンジングで肌フローラが一掃されている。
主に男性より女性の方が肌トラブル、特に肌荒れが多いのは、男性よりしっかりと洗顔をする、メイクをするためクレンジングをするというのが主な原因
肌に美肌菌が一杯住んでいるのに、それを強制的に退出させてしまっていることをイメージし、今より洗顔時間を短くすることになれるのが対策の一つ。
弱酸性の非常にマイルドな洗顔料で洗うと肌がヌルっとした感覚が残るが、それくらいが本来は肌フローラを守っている洗い方になる

その2善玉菌が好きな肌環境を作る
善玉菌は弱酸性がお好み。弱酸性だと悪玉菌は活躍しにくい
一般的な石鹸、洗顔料は弱アルカリ性。なので洗顔直後は中和されて弱アルカリに傾く。だから弱酸性の洗顔料がベストと思うが、洗いすぎなければ問題ない。
弱酸性洗顔料ならたしかに問題ないが洗浄力はかなり落ちる。皮脂が多い、石鹸で落ちるタイプのファンデーションを使っているといった人は、洗浄力が低すぎると洗顔時間がかかりすぎる。
その結果、時間がかかって結局は肌フローラが荒れてしまうことになる。こんな場合は弱酸性の洗顔料、石鹸で手短に洗ってしまったほうがいい。
基本的に20秒くらいで洗うのがベスト。
また、朝は日中ほど皮脂が汚れていない。ぬるま湯で十分落ちる。落ちていないように感じるのは勘違いで、その状態こそが美肌菌が生き残っているサイン。
素肌が綺麗な人はほとんどが朝に洗顔料を使っていない。美肌の女優さんのインタビュー記事を見ると大抵朝はノー洗顔料

美肌菌とか肌フローラとか本当?嘘じゃないの?

毎年様々な美容法、健康法が出ては消えていく。最近だと水素水がブームになったが効果がないと否定され、膝痛に効くとされたコンドロイチンやグルコサミンも否定されて見なくなった。
美肌菌、肌フローラというのも似たイメージを感じやすい。
でも腸内細菌は採取できるのだから本物。同じく肌の菌「肌常在菌」も採取ができる。実際に自宅で採取して検査できるキットも販売されている。効果はともかく肌に菌がたくさんいることは紛れもない真実。
そして美肌菌を増やすことで肌が綺麗になるかどうかは、今はだが荒れている人の肌常在菌を調べれば一目瞭然。
特にアトピー肌のように荒れに荒れている肌は、善玉菌が少なくて悪玉菌が繁殖している。そして何ともない肌、特に素肌がきれいな人は表皮ブドウ球菌など善玉菌の割合が多い。
美肌菌がシワやシミを消したり、毛穴を小さくする効果を発揮することはない
ただ、荒れないという状況は、肌が一番回復して成長できる状態。化粧品で肌をガラッと変えることはできず、結局は肌自体が自分自身で変えられるかどうか。
化粧品で直接的に肌が綺麗になることはない。化粧品で肌状況が整うから、肌が回復、成長できるようになり綺麗になる
ワセリンでシンプルなケアをしたらくすみも消え、毛穴も目立たなくなったという人がちらほらいる。これはまさしく、ワセリンが外部刺激をカットしたのと、肌内部からの過剰な水分蒸発を不正だからこそ。
結果、ワセリンケアでも肌常在菌のバランスが整い、肌フローラが改善したから毛穴もくすみも目立たなくなっただけ。

美肌菌を増やすために使える化粧品

美肌菌を増やす、増殖させるような成分や化粧品はない
ただ、善玉菌が好むものを含んだ化粧品がある。育菌コスメと呼ばれるもので、主にオリゴ糖が入っている。お腹にもオリゴ糖がいいとされるように、腸内細菌も肌細菌もオリゴ糖が好物。
また、皮脂不足な人は上質のオイルが補給できるコスメも有効。善玉菌は皮脂を食べて天然のクリームを作り出すから
アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)、オリーブオイル、馬油、米ぬか油、マカダミアナッツオイルなどが皮脂構造に近くて、肌フローラを整えるのに向いている。
保湿も美肌菌を増やし肌フローラを豊かにするのに重要
菌は水分がないと活動・増殖ができない。あまりの乾燥肌だと善玉菌の活動が鈍る
ただし、肌表面が濡れているようなものは必要ない。だから化粧水でベタベタにしても意味がない
重要なのは角質層の水分量。主にセラミドが水分を保持している。セラミドが多い肌は外部刺激に強くなるため、肌フローラが整っている肌と同じく刺激に強く、綺麗な肌細胞で満たされやすい
高品質なセラミド化粧品で保湿し、その表層で美肌菌を育てる。この2つができれば肌悩みの大半は解決に向かう

美肌菌を減らす可能性がある化粧品

ニキビ対策コスメには注意したい。アクネ菌を殺菌する成分が多く含まれているものがある。これは肌フローラを崩壊させて悪化させるだけ。全くもって意味がないので注意
ニキビができる原因はアクネ菌の繁殖だが、アクネ菌は善玉菌にもなる日和見菌。殺してはいけない。
アクネ菌が毛穴に溜まって空気に触れづらくなるからニキビができる。だから毛穴を詰まらせないことがニキビ対策のポイント。
毛穴の入り口に余計な角質が溜まると皮脂が毛穴に停滞してアクネ菌が増える。これを防ぐにはターンオーバーの正常化が不可欠。そのためには、肌水分量を高めてバリア機能をアップさせるのが重要。また、美肌菌を増やして肌を刺激から守るのも重要になる
ニキビができて困る人は、殺菌成分が入っておらず、グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分が入っている化粧水や美容液などを使うと良い。ニキビの原因を殺菌するのではなく、できてしまった炎症を食い止めるケアにしよう
同じく防腐剤も気になるが、化粧品に含まれる防腐剤濃度くらいでは肌常在菌は荒れない。
むしろ防腐剤フリーとなっているコスメのほうが肌フローラを荒らす可能性もあるので注意。
防腐剤フリーという表記は、防腐剤として表記しなくてはならないものを配合していないだけ。別の成分で代替しているが、それが強力な殺菌作用や刺激を持つこともあるから。あまり防腐剤にこだわりすぎないほうがいい
ただ防腐剤が肌フローラに悪影響というのは変わりない。普通の化粧品利用なら問題がないという話
その観点で言うと、たっぷり化粧品を使うのは美肌菌を殺してしまうリスクがあると言える。
化粧水を大量にバシャバシャと使うと気持ちいいし、クリームをたっぷり塗ると肌がモチモチした感覚になる
しかしこれらは意味がない上に、肌に付着する防腐剤量が増える。化粧品の大半は水。肌に水はほとんど浸透しないので蒸発する。しかし防腐剤は肌に残る。ということは、化粧品の間違った大量使いは肌フローラを壊すということになる